стена брекер のブログ

стена брекерのSystem-1によるブログです。機材などを紹介していきます。twitter➡︎ @wall_breaker_

楽しいルーパー?BOSS RC-3

f:id:wall_breaker:20160610195839j:image

初期стена брекерにおいての重要機材、BOSSのRC-3です。そう…覚えているだろうか?стена брекер自体チャットモンチーの二人体制のコピバンだったことを…!きらきらひかれ!を最初にやっていたのを…そのためにこれを取得しました(micro korgに続くお年玉吹っ飛ばし)
 
きらきらひかれ!は最初にギターをかき鳴らしそれをループで鳴らしながら曲をやるという、チャットモンチーに初めて触れた曲がなかなか頭おかしいことをしていて凄い!ってなってドラムを誘ったのがきっかけです…が、、、
あまり歌が上手でないのが原因で一回しかきらきらひかれ!はやりませんでした…ではこれは持ちぐされ?…そんなことにはしないぜ!
 
というわけで、コンピュータを持ち運ぶという脳みそがなかったことからシーケンスをこん中に入れてPOLYSICSをやろう!というわけで使いました。ドラムとの同期を取るのがなかなか難しく、結局コンピュータ持ち出しましたけど…
 
そんなこんなで今は必ず練習する際につないで変な音ができたらとにかく録音するための機材です…持ちぐされ?いいえ
これには一度だけ再生する 「ワンショット」機能があるのでそれで効果音を鳴らしたりしてましたよ…I'm balanceでね!!!
 
なんかまとまんね!
では!

昔の遺産?YAMAHA EMP700

стена брекерのエフェクターからは脱線して…

自分がもう一つやっていたI'm balanceというバンドで、最後の方にエフェクターをほぼこれに移行しました。いままで使ってたコンパクトを家に置いて…
そのエフェクターの名は!YAMAHA EMP700
ですね〜
現在4台持っています。しかしこのエフェクター、中古で釣るときは基本ジャンクです。なぜなら液晶のコンデンサが容量抜けしてて、表示されないからです…つまり、、コンデンサを交換すれば大体は使えるわけです。
まあチャチャっと交換しましょう!!!f:id:wall_breaker:20160508124323j:image
 

交換しました…交換中の写真は忘れてください…
 
バッチリですね。コンデンサの交換を失敗するとバックライトがつかなくなるみたいです。(1台吹っ飛ばした)
なお、ファームウェアのバージョンがいろいろあるらしくて自分が持ってるのは1.1 1.3 1.4です。1.1と1.3の違いは文字の打ち込みが格段に違います。1.3を勧めます。1.4との違いは処理速度くらいな気がします…
1.1はたまに処理落ちします…まあ1度エフェクトを決めたらあまり関係ありません。エフェクトの内容的にはあまり変わりありませんので、このブログを見て1.3とかを血眼で探すことはないかと!
 
しかしこれはほんとに素晴らしいと思います。液晶以外…
これのピッチシフターのレイテンシの少なさは結構なものです。最近のピッチシフターを体感してないからかもしれませんが…これで曲が3曲もかけるんだからもう最高ですね!!!
今現在ヤフオクにはあまり出ていないようで…出来ればもう何台か買いたいのですが…それはお預けです(´・_・`)
また買ったら報告します!コンデンサ買って是非お試しアレ※責任は負えません。

ほぼ要!KORG X5DR

ほぼ要【カナメ】となるkorgのx5drを紹介します

これはстена брекерのライブにおいて、POLYSICSで言うフミ+カヨ+シーケンス+スガイ+ヤノを一緒にまとめたような役割の音源でした。
こういう音源で自分で一から音を作れるのは初めてだったので興奮です。
f:id:wall_breaker:20160601224557j:image
ちなみにハードオフで購入です。このような機材を昔は何台も並べて、打ち込んだりMTRに落としたりとかしてた事を考えると胸熱です。
こういうmidi音源sc-88proが有名ですが…korgが好きな私にとってこれ1択でした^ ^(ハードオフになかっただけ)

大抵こいつを買うときは内蔵電池が切れてるので半田付けしてぱっぱと交換しましょう。初期化すればプリセットは大丈夫なのです。
そこから自分で音を作ろうね!!!

стена брекерではcubaseの信号を全てこいつに送ってました…ソフトシンセで済む事をわざわざハードに持ってくるなんて…ロマンがあるだろ!?

ソフトシンセの前にハードを肉体的に使いこなせるようにならなければ…ソフトはまだまだ使いこなせないと思っています。

この時期の音源等は安く済むのでどんどん集めるかもしれませんよ!?すでに奥には…!!!


では!


エフェクティブになりたくない?ZOOM MS-50G

さて、POLYSICSのハヤシ氏の足元といえば!モーグエフェクターが一番に目がつくと思っています!(このブログを書いている時に公式ツイッターに上がっていた写真にモーグは居なく、そこの席にはボスからでた新しいギターシンセが…さらばモーグ)

しかし!個人的に一番大事なのはBOSSのPH-3だと思っているのです…
例えばbaby biasのイントロの下降してく音…あれはBIASという昔石橋楽器から出てたと思われるぶっ叩くシンセ(?)を叩いてピューンという下降サウンドを出しています…BIASはfor young electric popのカヨがジャンプしてぶっ叩いてる奴でもありますね〜

ところが!ライブの映像等を見ると!下降サウンドはギターで出しているのです!
そして足元にはあのフェイザー…あのフェイザーが今の核だと思う所以です…
さらにbuggie technicaの要所要所でもさいきんはピューンてしてますね〜あれはクセになるサウンドです…

そこで私も!あの!下降サウンドを!作らねばならない!と思いました…
しかし、ph-3は持っていない…
じゃあズームで作ろうと!!!
f:id:wall_breaker:20160508123335j:image
こいつです!!!MS-50Gですね〜
こいつのワープフェイザーエフェクターをいじって下降してしまおうじゃないかと!

まあこんな感じで設定をして…
f:id:wall_breaker:20160508123454j:image

下降サウンドの出来上がりですね!
できれば歪みのあとにかけるといい感じです!!!(歪みの前でもまあ…)

MS-50Gは可能性を秘めたエフェクターだと思います…
つまり下降サウンドはこれで作ってライブしてました…ph-3を一度試してみたいところです…
MS-50Gに関してはやり方次第でなんでもなるんでもう重宝しまくりです
ただ、、何個も欲しくなるようなエフェクターではない気がします…

では!!!

CASIO CZ-3000の良さ、悪さ

次はCASIOのCZ-3000についてです。

画像を添付したかったのですが…実家に置きっぱでなおかつろくな写真がない!
ってわけでお話だけですが…
このシンセ、つまみがありません。動くのはボリュームとコーラスのスライダーのみ
そう…すべてボタンなのです!!!あのYAMAHADX7みたいですね…
ボタンだけの操作はかなりきついものがあります…しかし慣れてしまえば大丈夫…
 
音源はPD音源を内蔵しており、なかなか前に出る音だと思います(当社比)
ちなみに自分の曲とかでもブラス系はこいつに頼ってました。さらにコーラスをかけると幻想的な雰囲気になるのでオヌヌヌです。
P-MODELとかが使ってた噂も?(wikiより
あと、この年代にありがちなバックアップバッテリー切れで、分解して電池交換なんて煩わしさはありません。
なぜなら!!!裏に!!!電池ボックス(単三が3か4本)があるから!!!これは便利だと思いました。過去に何回か内蔵電池切れでデータが吹っ飛んだ輩がいるからこれはほんとに便利です。
f:id:wall_breaker:20160921012903j:image
まあこんな風に書いてきましたけど…結局重くてあんまり持ち運べるものではないです…cz-101を買うのが手っ取り早い気がしました…
 
以上です!!!
 
ハードオフで購入。4320yen
 
2016/9/21画像を追加しました
 

korg microkorgの素晴らしさ

私はmicrokorgを初シンセとして手に入れました。お年玉吹っ飛びです。
ボコーダーもついてていいシンセだと思います。。。

この通りに書くと!ネットに転がってるレビューと似たり寄ったりになるので!私の素晴らしいと思うことを!

まずプリセットの素晴らしさ…стена брекерのライブの時も使いましたプリセット。
自分で音を作る時にどうしても思いつかないようなことをしちゃってるのがプリセットなんですよね〜
特にA21の音!これは意味分からんです…

そしてその手頃さ!あれは5台くらい欲しくなるサイズ感…
ギターをつないでトーキングモジュレータもどきも出来るからポニーとライオンやる時なんか…いいんじゃないかな!???

あとはシール貼ってダサくするのは定番!(?)f:id:wall_breaker:20160501231106j:image
ライブではMIDIで制御してたんですが、やっぱり2台ほしいですね〜ボコーダーのところで裏でなるシンセをX5DRで作るのは厳しさもあります…
стена брекерのシンセにはカシオのCZ-3000も控えてるのですが…あれはデカすぎる()
使い勝手は大事です…pd音源も捨てがたいのですがその話はまた今度…

では!!!

そもそもстена брекерとは?

私達стена брекерはどのような経緯で集まったのか?何故あのような編成なのか…意味がわからないところがたくさんあると思うので説明しておきます。
まず第一に、二人体制のチャットモンチーをコピーしたい人達として集まりました。
しかし!チャットモンチーの曲は「きらきらひかれ!」しか知らないと言う…
ここで私のエゴを押し通し、POLYSICSをコピーすることになりました。。。!!!

これがこのバンドの経緯と変遷です。

こんなもんだろ!?

ツイッターのIDはっとき
@wall_breaker_

では!